団体紹介

デンコラ

 

札幌市立大学公認演劇団体。

2012年7月に初代代表の松崎修を中心に札幌市立大学デザイン学部第7期生によって設立された。以来、基礎トレーニングやワークショップ公演を経て、旗揚げ公演「ADULTS PLAY GROUND」を2013年2月に上演。

 

『演劇×デザイン』をコンセプトに、演劇と他分野表現とのコラボレーションを積極的に企画し、独創的で新しい演劇公演の形を発信し続けていく団体。同時にお芝居のミソを見極め、考え、丁寧に時に大胆に表現していく。メンバーのほとんどが演劇経験は無く、大学から始めた者が多い。毎年6月と12月の年2回の公演の他にも、外部のイベントや映像作品等にも積極的に関わっている。

団体年歴

 

 

【2012年】

 

7月  演劇同好会デンコラ設立 活動開始

   学内公演「奇蹟の人」を上演

 

 

【2013年】

 

2月  旗揚げ公演「ADULTS PLAY GROUND」を上演

 

4月  新入生歓迎会「First Impact」にてパフォーマンスを行う

 

6月  第2回短編公演「Photo Gallery Dencolla」を上演

 

7月  大学公認同好会から公認サークルへと昇格

 

9月    デンコラ夏合宿を実施

 

10月  学祭短編公演「Door to Dooor」を上演

 

12月 第3回公演「SHARE WITH MONSTERS」を上演

 

 

 

【2014年】

 

4月  新入生歓迎会「First Impact」にてパフォーマンス

        『CIRCUS』を行う

 

6月 札幌学生対校演劇祭 第5章カツ×ゲキに出場。

   「ASA」にて優秀賞を受賞する。


12月 第4回公演「福耳」を上演


 

 

【2015年】


3月 第一回卒業公演「Re:」を上演


4月 新入生歓迎会「First Impact」にてパフォーマンス

  『KAITOU』を行う